Zebrang ゼブランで楽しむアウトドアコーヒー

こんにちは!コーヒマスターのアシスタント、hattiです。


9月に入り、刻一刻と外岩のシーズンが近づいてきています。最近、外岩でコーヒーを手軽に入れるためには、どの器具を揃えたらいいの?という声を聞きます。


そんな方に今回は「アウトドアコーヒーのすゝめ」として、魅力やそろえるものについてお話していきます。


 

『何を揃えればいいの?』


まず、そろえてほしいのは、ドリッパー!


Zebrang ゼブラン V60 フラットドリッパー



外で淹れるならなるべく身軽がいい。だけど、美味しさも妥協したくない。

そんな欲張りな願いもZebrang ゼブラン V60 フラットドリッパー なら全て叶えてくれます。



Zebrang ゼブラン V60 フラットドリッパー は分解でき、とにかく軽い。

シリコン製で折りたたむ事もでき、かさばらない!


次はケトル!



上のような、直火OKなケトルを持っていくのもいい。だけど、やっぱり嵩張ってお荷物になる。。


そんな時におすすめなのが、Zebrang ゼブラン 計量ドリップポット





登山や外岩でインスタントラーメンを食すなら、必ず持っていくであろうジェットボイルやバーナーと鍋セット。それでお湯を沸かし、このドリップポットに移し替える。


コンパクトなサイズ感でなおかつ軽い。湯量も一目で分かるので、スケール要らず。


そして、お好きなタンブラーでコーヒーを楽しみましょう!



 

『アウトドアコーヒーを美味しく淹れるには!?』


①豆を計り、事前に挽いておく

前日やその日に飲みたい量のコーヒ豆を計っておきましょう。直前に豆を挽くのがポイント!そうすることにより、香りの良い美味しいコーヒーが楽しめます。


②湯量を測る

こちらも豆同様に使う湯量を事前に計っておきましょう。


この二つを抑えれば、外でもかなりおいしいコーヒーが楽しめますよ!!



それでは、ぜひ外岩でコーヒーを楽しんでみてくださいね。